中野区を、区民の声で、大規模開発から福祉の町へ転換しましょう。
政策・見解、区議会報告等
  • HOME »
  • 政策・見解、区議会報告等 »
  • 区議会報告

区議会報告

待機児童の解消と保育の質の確保を ―― 子ども・子育て支援新制度に基づく条例案に反対

 只今、議題に供されました第61号議案 中野区特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例にたいして、日本共産党議員団の立場から反対の討論をおこないます。  はじめに、本議案への可否にあたり、その前提 …

区民生活を守ることが自治体の使命ーーー2013年度一般会計決算の認定に反対

 10月3日、中野区議会本会議場で、平成25年度中野区一般会計歳入歳出決算をはじめ5議案の認定が行われました。  党議員団は、一般会計、国保事業特別会計、後期高齢者医療特別会計、及び介護保険特別会計の認定に反対しました。 …

待機児童ゼロを願う保護者・区民の運動が、認可保育園の増設実現へと中野区行政を動かしました。

 現在開かれている第3回定例会で議決された一般会計第2次補正予算に、保育園増設の整備費補助経費として計上されました。 日本共産党議員団は、毎議会のたびに認可保育園の増設を求めてきました。議会の論戦と保護者・区民の皆さんと …

障害者施策について ――― 介護保険給付と障害者自立支援給付の適用関係を質す 

 中野区でも65歳以上の障害者が増えています。制度上の問題としてとりあげました。障害者団体からも介護保険優先原則を見直し、本人の希望で必要な支援を選べるよう要望がでています。 (第3回定例会本会議質問より) ○障害者で自 …

子ども・子育て新制度のもとでも、認可保育園による待機児解消と保育の質を守れ

(第3回定例会本会議質問から) ○新制度のもとでも児童福祉法24条1項が活かされることになりました。  この間の変化として特徴的なことは、待機児解消を望む保護者・区民からは、「預かってくれれば良い」とする託児ではなく、子 …

2014年中野区議会第3回定例会がはじまりました。党議員団を代表して質問に立ちました。

今定例会で区民が利用している施設使用料の値上げが行われる予定です。体育館や運動施設、文化施設のホールなどの値上げ幅が大きく利用者・団体から不安の声があがっています。 以下、施設利用料改定について質しました。 ○なぜこの時 …

高齢者の医療・福祉・介護について ーーー要支援者と認知症施策について

(第2回定例区議会での一般質問より) ○要支援の中には、認知症の症状が疑われる方も多くいるといわれている。食事は配食業者、ゴミ出しはボランティア、掃除はハウスクリーニング業者と、細切れに提供するバラバラの支援では、生活全 …

集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を

中野区議会定例会が終わりました。党議員団は“集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書”を提案。 自民・公明・みんな等の反対で、否決されました。 意見書への結果は残念でしたが、賛成した民主党、無所属議員3人と …

介護保険改悪による要支援者への訪問・通所介護はずしに対して、区が実施する「地域支援事業」でサービス給付を確保せよ

 高齢者福祉に係って区の姿勢を質しました。(第2回定例会本会議 一般質問より) ○介護保険の改悪により、要支援者への訪問・通所介護が介護保険給付費から外された。保険給付による訪問・通所介護はやめるかわりに、現在、市区町村 …

中野区の学童クラブの拡充を。子ども・子育て支援新制度のもと、区の実施責任が問われます。

(学童保育=学童クラブ編) ○新制度では、市区町村が学童保育(=学童クラブ)の基準について条例で定めることになりました。「その基準は、児童の身体的、精神的及び社会的な発達のために必要な水準を確保するものでなければならない …

« 1 2 3 »

長沢和彦を応援しませんか?

長沢和彦を応援しませんか?簡単です。「する」「しない

携帯電話・スマートフォン

携帯電話、スマートフォンも同じURLです。こちらのQRコードからどうぞ。
PAGETOP
Copyright © 長沢和彦 All Rights Reserved.