中野区を、区民の声で、大規模開発から福祉の町へ転換しましょう。
政策・見解、区議会報告等
  • HOME »
  • 政策・見解、区議会報告等 »
  • »
  • 2022年3月31号

2022年3月31号

中野区の2022(令和4)年度予算が賛成多数で可決成立

党議員団を代表して、令和4年度中野区一般会計予算について賛成討論を行いました。 本予算は、基本計画策定後、初めての予算編成により提案されました。1年前に制定した基本構想の実現に向けて、「誰一人取り残さない」という理念に基 …

「子育て先進区の実現」に向け、大きく踏み出す予算としたこと

子どもの権利に関する条例に基づき、子どもに係るすべての施策・事業が、子どもを権利主体として実施されることを期待する。子どもの貧困対策として学習支援事業や子ども食堂の運営支援を拡充。教育相談体制の充実と小中学校校割予算の増 …

「すべての人にとって安心して住み続けることができるまち」を目指し、量・質をともなった包括的な支援の展開、取組の推進を図ろうとしていること

 区は、2020年度に1万人を対象とした暮らしの状況と意識に関する調査を実施し、「支援が必要な人ほど支援が届いていない」など、実態と課題把握に努め、アウトリーチ活動に注力してきた。新しく作成された中野区地域包括ケア総合ア …

脱炭素社会や災害対策に貢献した予算としたこと

環境負荷の課題については、新たに高断熱窓・ドア助成事業を実施することで省エネ推進が期待できる。 木造住宅耐震化促進事業の対象範囲を区内全域に拡大。同時に、本事業は築40年超の木造住宅が対象であり、新基準の木造住宅への耐震 …

平和・人権及び文化・芸術の推進に寄与し、区民要求に応えた予算としたこと

憲法擁護・非核都市宣言から40周年を迎える。ロシアのウクライナ侵略に対し、「戦争やめよ」と平和を切望する人々とともに、核兵器廃絶の願いと、周年に相応しい事業の実施を期待する。  人権及び多様性を尊重するまちづくり条例や多 …

ジェンダー平等社会の実現を

男女共同参画基本計画(第5次)の策定にかかわって 2022年度は、男女共同参画基本計画(第4次)の見直し年度となる。 一昨年の12月に、国が「第5次男女共同参画基本計画」を策定した。この「第5次計画」の基本的な方針では、 …

区有施設等の貸付について

 現在、中野駅周辺での再開発が目白押しとなり、その中で区が保有する権利床及び賃借床について方針(案)等が示されました。区民財産である権利床等を安易に売却することは認め難いものです。同時に、区が保有するということは、本来、 …

PAGETOP
Copyright © 長沢和彦 All Rights Reserved.