中野区を、区民の声で、大規模開発から福祉の町へ転換しましょう。

新しい東京をつくろう 都知事選告示ー鳥越候補が第一声 4野党推薦

 舛添要一前知事の「政治とカネ」疑惑による辞職に伴う東京都知事選(31日投票)が14日、告示されました。ジャーナリストの鳥越(とりごえ)俊太郎候補(76)=日本共産党、民進党、社民党、生活の党推薦=が野党統一候補として新宿駅東南口で第一声を上げました。鳥越氏は「住んでよし、働いてよし、環境よしの東京、“困った”を希望に変える新しい東京を、みんなでつくっていこう」と呼びかけました。
 都知事選には鳥越候補のほか、増田寛也元総務相(64)=自民、公明、こころ推薦=、小池百合子元防衛相(64)らが立候補。2代続けて「政治とカネ」疑惑で辞職した知事を支援した安倍自公政権いいなりの都政の継続か、野党と市民の共同の力で清潔な都民本位の鳥越都政の実現か―を軸に展開します。
 鳥越氏の第一声会場には、「みんなに都政を取り戻す。」のポスターを掲げたたくさんの市民が集まりました。
 鳥越氏は舛添前知事の「政治とカネ」疑惑にふれ、「税金は一人ひとりの汗と努力の結晶。どれだけ正しく受け止めて使うかという問題が、今回の選挙の大前提だ」と述べました。
 都政に臨む基本姿勢として「住んでよし、働いてよし、環境によし、の三つのよしの東京都を実現したい」と強調。その中で、「東京都にも困窮、差別の中にある方がいる。東京は、ちゃんと行政が手を加えていけば全国で一番住みやすい街だと思う。東京を住んでよしという街にしたい」と訴えました。
 「安倍政権のもとで格差が生まれている。非正規の人たちが増え、収入が下がっている。働いてよしと思える東京都を」と述べ、望む人が正社員になれる格差のない社会をつくる決意を話しました。
 日本共産党の笠井亮衆院議員、民進党の松原仁都連会長・衆院議員、社民党の羽田圭二都連合代表、生活の党の川島智太郎元衆院議員、生活者ネットの西崎光子都議が紹介され、鳥越候補とともに手を取り合って声援に応えました。
 大学院生の奥田愛基さんが応援に駆け付け「鳥越さんはみんなの声を聞いて都政をやってくれると思う」と期待を語りました。

政策・見解、区議会報告等

年金削減ストップを。(2)―― 年金積立金の株式運用拡大で大穴 ――

 年金削減をストップさせ、最低保障年金制度を確立させることが暮らしを支える上で欠かせなくなっている。また、ただちに「マクロ経済スライド」を廃止させて、年金財政を安定させるための策を講じていかなければならない。  ところが …

年金削減にストップを!――「マクロ経済スライド」の廃止と、最低保障年金制度の創設を――(1)

5月下旬の区政報告会では、社会保険労務士の先生を講師に年金問題の学習会を行った。実務者の立場からの話であったために少々難しく感じた。その後、専門家の論文などをいくつか読んでみたが、制度が複雑、且つ、法律「改正」が繰り返さ …

アベノミクス破たん(2)― 3つのチェンジで格差ただし、公正な社会を―

目前に迫った参議院選挙。「日本共産党の経済改革の提案——格差をただし、経済に民主主義を」広範な国民に訴えていきます。 経済的な不公平を是正する、経済に民主主義を この見地が日本社会と経済に必要である。富の一極集中をただし …

首都・東京から大躍進を ―日本共産党演説会―

5月23日(月)夜に東京国際フォーラムで開かれた日本共産党演説会は、会場・ロビーいっぱいの参加者でした。 一か月後に迫った参院選をたたかう田村智子副委員長・参院議員、改選6を争う東京選挙区の山添拓候補が決意を表明。また、 …

国際フォーラム02

アベノミクス破綻 ―暮らしの目線から政策をチェック― (1) 

アベノミクスの3年間は何だったのか。いまやアベノミクス破たんは明らかですが、改めて暮らしの目線から確認したいと思います。 「雇用は100万人以上増えた」というが、増えたのはもっぱら非正規労働者の雇用。2012年と2015 …

PAGETOP
Copyright © 長沢和彦 All Rights Reserved.