中野区を、区民の声で、大規模開発から福祉の町へ転換しましょう。

政策・見解、区議会報告等

震災対策、家具転倒防止などに助成

この4月から早期の実現 家具転倒防止器具設置に助成 :1万円 これまでは取付け費用のみでしたが、4月からは1万円を上限に器具代にも助成を適用。これまで普及が進んでいないことから、共産党は再三、器具代への助成も求めてきまし …

平和の森公園、草地広場を守る議案自民・公明が否決!

 3 月の定例区議会に中野区が提案した平和の森公園の草地広場と緑を存続させる「工事変更」議案が、自民・公明の反対で、1 票差で否決されました。  この議案は、平和の森公園中心部の「草地広場」への競技用300mトラックと1 …

中野工業高校建替え いよいよ実施設計、建替え時妙正寺川ぞいに避難路をかねた緑道を

建替え時妙正寺川ぞいに避難路をかねた緑道を  野方2・3丁目にまたがる中野工業高校の建て替えが、設計に向け動き出しました。  校舎・実習棟・体育館などを建て替え、旧六中跡地をグラウンドに整備するものと見られます。  旧六 …

大和町を災害に強いまちに

震災対策:家具転倒防止などに助成 大和町全域は「不燃化特区」に指定され、木造住宅の建替えや解体・除却の助成制度が活用さ れています。 加えて、命を守るためには、さらに踏み込んだ助成制度が不可欠です。 この4月から早期の実 …

高齢者などに切望されているデマンド型交通導入を

高齢者などに切望されているデマンド型交通導入を 利用者の要望で走る乗り合い小型バスなど  都内では路線バス等の廃止・見直しが行われ、各地で不便地域が生じています。通院や買物、公共施設へ行くために、移動手段の確保は、とりわ …

2019年度国民健康保険事業特別会計予算案に反対の討論

 次に、国民健康保険事業特別会計予算案についてです。  昨今、高すぎる国民健康保険料が国保制度の構造的な危機となり、医療保険制度としての持続性を揺るがしています。それ故に、全国知事会、全国市長会などの地方団体は、「被用者 …

2019年度一般会計予算案に賛成の討論

 上程されました第5号議案 平成31年度中野区一般会計予算に賛成、第7号議案 平成31年度 中野区国民健康保険事業特別会計予算に反対する討論を、日本共産党議員団の立場からおこないます。 酒井直人区長のもとでの初めて編成・ …

2019年2月号、区民の声が生きる中野区政に変わりはじめました

区民の声が生きる中野区政に変わりはじめました 6月の区長選で、区民参加を掲げる酒井区政の誕生によって、区民の声を区政に活かす前向きの変化があらわれています。今、様々な政策が見直され始めています。 日本共産党は区民要求実現 …

子どもは明日を担う社会の宝、子どもや父母に親身の支援を

 共産党区議団は、住民からの相談や学校・保育園・医療機関などからの聞き取りをもとに、貧困の実態把握と教育費の負担軽減を何度も区に要求。新区政は実態調査を約束し、いっそうの負担軽減にも着手しました。  抜本的な待機児童対策 …

国の悪政から暮らしを守る防波堤、新区政をもっと前に

 安倍政権による相次ぐ社会保障改悪で暮らし破壊が進められています。今ほど区民を守る区政の役割が大切なときはありません。  昨年は党区議団幹事長として、区民と共同で新区長誕生に力を尽くしました。今年は、区民に痛みを押し付け …

PAGETOP
Copyright © 長沢和彦 All Rights Reserved.